寮完備の求人で注目するポイント

###Site Name###

住まいを提供してくれる寮完備の職場は時代の流れと共に減少傾向にあります。

嘗て団塊の世代が地方から首都圏に集団就職する頃に端を発し、保護者も安心して子供を上京させる事が出来た寮完備の会社は人気を博しました。

しかしバブル崩壊後、リーマンショックなど国際的な経済状況の変化や、プライバシーを重視して集団生活を避ける昨今の子ども達の環境も相まって、会社の資金で運営する寮完備の求人は激減し、今や求人で寮完備を見つける方が難しくなっているのが事実です。


万が一、寮完備の求人を見つけた時に注目すべき3つのポイントを押さえておきましょう。


寮費、管理担当者、食事の有無の3点です。



折角就職したのに、収入の半分以上を徴収されるような会社は信頼性に欠けますし、管理責任者不在(寮監督及び寮母などの存在)では個人で賃貸住宅に入居しているのと変わりありません。
食事については希望すれば提供してくれる(当然実費負担有り)ケースが殆どです。寮で生活したいと考える人の多くは、食生活に不安を抱える人達です(新卒の子どもや、料理経験のない男性など)。



若干の規則やルール(門限など含む)はあっても、安心した生活には変えられません。会社で真面目に働く事が大前提ですが、福利厚生に寮有りという会社は今時貴重、有り難いと言えるでしょう。
最近はプライバシーも保護できる、アパート型の寮に変化している会社も多いようです。



相性の良い会社に出会えるといいですね。